toggle
2017-02-14

【保存版】ギフト用語集(50音順)

こちらではギフトや贈り物に関する用語を紹介しています。
お住まいの地域や習慣によって異なる場合もありますこと、ご了承ください。

ギフト用語集(あ)

お歳暮(おせいぼ)

お歳暮とは、お世話になっている方々への感謝の気持ちとこれからも末永く宜しくお願いいたします、とのご挨拶の意味を込めて贈るギフトです。季節のあいさつということで、贈る時期をきちんと守るのがマナーとして大切です。昔は、新年を迎える準備を始める12月13日の「すす払い」から20日までの間に贈るものとされていましたが、すす払いの習慣が廃れたことで、最近では贈る時期は前倒し傾向になっています。地域により多少の差はありますが、11月下旬~12月20日ごろまでに届くようにしましょう。

法人様向けギフトサービス「okurimono-おくりもの-」お歳暮特集

お中元(おちゅうげん)

お中元とは、お世話になっている方々への感謝の気持ちとこれからも末永く宜しくお願いいたします、とのご挨拶の意味を込めて贈るギフトです。主に一年の上半期の区切りとなる7月から8月の間に、目下の人から目上の方へ贈ることが一般的とされています。古くは中国で上元(正月15日)、下元(10月15日)とともに三元の一つとして祝う風習がありました。日本では中元がお盆の時期と重なり広く普及しました。お送りする時期などは下記の法人様向けギフトサービス「okurimono-おくりもの-」お中元特集でわかりやすく説明しておりますのでぜひ参考までにご高覧ください。

法人様向けギフトサービス「okurimono-おくりもの-」お中元特集
https://okuri-mono.com/scene/ochugen/

内祝い(うちいわい)

内祝いとは、おめでたい出来事があってお祝いをしてくれた人に対して、そのお返しを贈る習慣のことです。
本来、内祝いは身内の祝い事で用いられていました。ご自身にめでたい出来事があったときなどに、それを身内(近所の方や、日頃お世話になっている方、親族など)で分かち合うのが本来の意味です。最近では、内祝いはお祝いをしてもらったお礼やお返しとして行われることも多く、本来の意味としては、内祝いとお礼は違うのですが、慣習として根付いています。

内祝い商品一覧
https://okuri-mono.com/scene/return-gift/

ギフト用語集(ま)

水引(みずひき)

水引とは御祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りを指します。贈答品などの包み紙や封筒などにかける紅白や白黒の帯紐です。
水引には様々な種類があり、行事によって色が違い、慶事であれば紅白・金銀、弔事であれは白黒・双銀・双白がなどと使い分けられるので気をつけましょう。

水引のマナーについて
https://a-value.co.jp/giftmanner/mizuhiki_201802/

ギフト用語集(ら)

六曜(ろくよう)

暦注の一つで、現在では先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいいます。
わかりやすく説明すると六曜とは、

  • その一日の中で縁起の良い時間(吉)と縁起の悪い時間(凶)
  • 縁起の良いとされること、悪いとされること
  • の2つを意味しています。
    一般的には結婚式は大安がよい、葬式は友引を避けるなどと主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されています。

    ■大安(たいあん)
    「大いに安し」の意味で六曜の中で最も吉の日とされています。
    終日万事が吉ということで結婚式や結納は大安の日に行われることが多い傾向にあります。

    ■友引(ともびき)
    昼は凶。午前、夕方。夜は吉。大安の次に結婚式に適しています。
    「幸せのおすそ分け」という意味もあり、結婚披露宴の引出物を発送する人も多い傾向にあります。

    ■先勝(せんしょう/さきがち)
    「先んずれば即ち勝つ」の意味で万事に急ぐことが良いとされる日です。
    午前が吉で午後が凶。午前中から式を始めれば午後になってもいいとされています。

    ■赤口(しゃっこう/しゃっく)
    午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされています。

    ■先負(せんぷ/さきまけ)
    「先んずれば即ち負ける」の意味で万事に平静であることが良いとされており、勝負事や急用は避けるべきとされています。
    午前は凶だが、午後は吉。

    ★仏滅(ぶつめつ)
    「仏も滅するような大凶日」の意味、また「物滅」として「ものを失う」の意で凶とされています。
    六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。ただし終日凶とする説と、午後は縁起がよいとする説に分かれているようです。

    関連記事