toggle
2019-03-29

[スタッフ通信]ついに元号発表間近!新元号とは!?

こんにちは!
アディッドバリューの田宮でございますっ。

年度末でご多忙にもかかわらずご覧いただきありがとうございます(笑)
平成最後と、各地で騒がれてますが平成生まれの私は寂しい気持ちでいっぱいです…
私が昭和生まれの方に、平成生まれかぁ!!と言われる新鮮さがなくなります…
ついに平成世代も、「○○か~!!」と言うようになるのです…悲しいかぎりです!

さて冗談はここまでにしておきます(笑)
年度初めを迎える4月1日(月)には、新元号の発表が控えていますね!

【画像】新元号ははたして!?

本日29日午前に、新元号発表の段取りが公表されました。
菅義偉(すが よしひで)官房長官が午前11時半に発表し、安倍晋三首相が正午から記者会見を行うようです。
連日新元号を話題にしたニュースが多く気にならざるを得ません!!
高校生に新元号予想を行って、結果11位にはタピオカや「卍」とのこと。
同じように政府内でも一所懸命議論されておりことでしょう…
元号を決めるにあたり、元号法の中に新元号で考慮する条件もいくつかあるのでご紹介します!

【画像】元号法イメージ

・常用漢字を使う
・1文字の画数は多くても12~15画
・頭文字が「M・T・S・H」以外 (※例:平成→H、昭和→Sと異なるようにする)
・民間の元号予想ランキングの上位はなるべく避ける
・人名に多い2文字は避ける
・大企業と同じ名称も使わない

難しいっ!!
元号にも「法」があり、今まで気にしても来なかった意味も込められていました。

平成 1989~
史記からの「内『平』かに外『成』る」と書経からの「地『平』かに天『成』る」という言葉それぞれから平成と付けられました。「内外、天地ともに平和が達成される」との意味で、元号が重ねられるたびに平和を尊いものとする意味強まっているようです。

ちなみに明治は江戸時代から計10回も候補となってきたものの採用を見送られ続け、1868年で11回目にしてやっと元号となることができたそうです。なんだか胸が熱くなるような、
ならないような…

元号が変わるという状況に新たな風が吹き込んできた昨今、有識者の方々が練りに練って考えた新元号は、手帳やカレンダーにも記載される「日本」にしかない暦です。

由来や込められた意味をくみ取って大切に時を過ごしていきたいですね!

それでは、また次週!
素敵な週末をお過ごしくださいませ。

おすすめ記事

[今日は何の日&誕生花]3月29日

こちらからご覧いただけます⇒https://a-value.co.jp/anniversary/nannohi_0329/

okurimonoからのお知らせ

【画像】フラワーキャンペーン

関連記事