toggle
2019-03-22

[スタッフ通信]世界水の日「World water Day」

こんにちは!
アディッドバリューの田宮です。

本日3月22日は、国連が定めた「世界水の日」です。

1992年12月に国連総会で定められた「世界水の日」は、水がとても大切であること、きれいで安全な水を使えるようにすることの重要性について世界中の人々と一緒に考えるための日です。「世界水の日」には、世界各国で水の大切さを世界中の人々に知ってもらうためのセミナーや展示会が開かれています。
世界の水の問題を知って、自分たちにできることは何があるかを考えてみませんか。

世界の水の現実

世界人口約70億人中約9億人の人々が、現在汚れた水しか飲むことができていません。
世界人口中、12%もの人々が透明な水さえ手に入れられない環境で生活をしています。
また、23億人の人々は衛生的なトイレを利用することができません。屋外に穴を掘っただけのトイレを使用している人々もいます。そのために水源が汚染されて清潔な水を手に入れることが難しくなります。蛇口をひねったらきれいな水が出たり・ウォッシュレットが当たり前の日本人には想像もできない生活をしている人々が世界にはまだたくさんいます。

日本では『当たり前』なことが世界では『当たり前』ではないのです。
私自身も記事を見かけたときに気付かされました。

水くみは多くの場合、女性や女の子の仕事となっており、水くみには日に5回、多い時には7回も行かなくてはならず、まともに学校に通い続けることもできない家庭もあります。

ウォーターエイドについて

その問題解決に向け、活動している【ウォーターエイド】はご存知でしょうか。
開発途上国での水・衛生支援に取り組む国際NGO(Non-Governmental Organization)です。
https://www.wateraid.org/jp/
すべての人が、すべての場所で、清潔な水と衛生をあたりまえに利用できる世界をビジョンに掲げています。

【画像】蛇口

世界各国で、生きていくために必要な清潔な水や、トイレなど、人々の暮らしを変えることができるのは同じ人間の私たちです!

1分でも構いませんので、もし自分が水やトイレなど十分にしようできなかったらと想像してみてください。
私もこのブログを書くまで、知らないことが多々ありました。

毎年3月22日を迎えたとき、少しでも【水】に対して思い出していただけると嬉しく思います!

それでは、また次週!
素敵な週末をお過ごしくださいませ。

おすすめ記事

[今日は何の日&誕生花]3月22日

こちらからご覧いただけます⇒https://a-value.co.jp/anniversary/nannohi_0322/

okurimonoからのお知らせ

関連記事