toggle
2019-03-18

[スタッフ通信]大学卒業式に女性が袴を着るのはなぜ?

こんにちは、アディッドバリューの齋藤です。
先日、娘の大学卒業準備のため、袴選びに渋谷まで行ってきました。

ほんの少し前に成人式のお着物を選んでいたように思いますが、もう2年も経っていたんですね。
3月20日で大学を卒業し、社会人1年生としてまた新たな人生の一歩を踏み出す節目として袴選びをサポートする、親にとって嬉しい役目です。

ただ、残念ながら私は大学に行っておらず袴選びは初めての経験です。
いろいろ調べる中で、そもそもなぜ大学の卒業式に皆さん、袴を着られるのかについて調べてみました。

卒業式に袴を着るのはなぜ?

袴は明治時代に女学校の制服として採用されていました。女学生だけではなく女性教師も袴を着用していたそうです。
明治時代には高等女学校への進学率が非常に低く、進学組はいわば上流・特権階級の方々だったんですね。

そんな女学生が着る袴姿は「女学生」としての身分の象徴で、女性達のあこがれの的だったようです。

現在、主に大学の卒業式でも袴が受け継がれているのはそんな学業との関連性があるからなんですね。

もともと女袴は平安時代に宮廷に仕えていた女性達が十二単の一部として身につけていた衣服から考案されたもの。
いわば卒業式という厳かな式典には最適な礼服として現在まで受け継がれているのでしょう。

最近の袴人気の理由とは

最近では競技かるたを題材とした少女漫画『ちはやふる』などでも袴姿の主人公が着用しており、若い方にも馴染みのある礼服になっていますよね。

着物を着る機会が格段に少なくなった現代社会だからこそ、この時期見かける古き良き日本の文化を感じさせてくれる袴姿にはほっと癒される思いです。

さあ、今週の大学卒業式。娘の晴れ姿が見られることを楽しみにしています。




[今日は何の日&誕生花]3月18日

こちらからご覧いただけます⇒https://a-value.co.jp/anniversary/nannohi_0318/

okurimonoからのご案内

関連記事