toggle
2018-06-19

[スタッフ通信]災害に備えるということ。

このたびの大阪地震の被害を心よりお見舞い申し上げます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
まだ不安な日々を過ごされております被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

被災地におかれましては一日も早い復旧と、皆さまのご無事を心から祈るばかりです。

日本は地震大国と言っていいほど地震の多い国です。

正直、ちょっとした地震では反応しなくなるほど。
ただ、今回の地震を体験して首都を襲う災害の怖さを改めて知る事となりました。l

では、そんな地震などの災害に対して私達自身がどれくらい備えているのかと問われたら
災害グッズでさえまともに揃えていないのが現状です。

改めて何を準備すべきか、心の準備以上に備蓄の準備の必要性を感じた次第です。

必要不可欠と思われる備蓄とは?

●飲料水
1日に3リットルは必要となるそうです。最低でも3日分程度の備蓄が必要かと思われます。

●食料
レトルトご飯や缶詰パン、最近ではフリーズドライ食品なども進化しているようです。

●簡易トイレ
ご家族の人数にもよりますが、10回/人は用意しておくべきです。

●ラジオ

●懐中電灯
これは必須中の必須アイテムでしょう。

●身分証明書
保険証や免許証など身分を証明する際に持っておくべきですね。

●医療品
ご自身が服用している薬、そして絆創膏や消毒液、ガーゼや風邪薬などあれば心強いです。

●給水タンク/ペットボトル
配給の際にあると便利です。

●笛
危険が及んだときに助けを呼ぶツールとしてあったほうが心強いですね。

●軍手

●生理用品やオムツ
女性やお子様にとっては衛生上なくてはならないものです。

●モバイルバッテリー
私は通常時でも常備携帯しています。

このように必須備蓄品を羅列してみるとどれだけ準備不足かがみてとれます。

皆様も今一度、備蓄チェックや災害マニュアルの熟読、仕事場や自宅付近の避難場所の確認、家具の固定状況などについて確認されてみてはいかがでしょうか。
「備え」に正解はないけれど備えておく事は心を強く持つひとつの手段にもなりえます。

その日が来ないことを願いながらも備えておくことで非常事態にも焦らず行動できる強さも持っていたいと思う今日この頃です。

関連記事