toggle
2020-01-07

[今日は何の日&誕生花]1月7日

セリ
誕生花:セリ

今日がお誕生日の方、お誕生日おめでとうございます!

今日は何の日

●七種・七種粥
春の七種を刻んで入れた七種粥を作り、万病を除くおまじないとして食べる風習があります。
七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになりました。

「春の七種」
・芹(せり)…水辺の山菜で香りがよく、食欲増進に効果があります。
・薺(なずな)…別称ペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
・御形(ごぎょう)…別称母子草。草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果があります。
・繁縷(はこべら)…目によいビタミンAが豊富です。
・仏の座(ほとけのざ)…別称タビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富です。
・菘(すずな)…蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富です。
・蘿蔔(すずしろ)…大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなります。

●人日・七日正月
五節句のひとつ。
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにしました。
また、7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。

●爪切りの日
新年になって初めて爪を切る日です。
七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われています。

●千円札の日
1950年のこの日、1946年の新円切替後初めて聖徳太子の千円紙幣が発行されました。
初の千円札は1945年8月に流通開始した日本武尊の肖像のものでしたが新円切替により1946年には失効していました。聖徳太子の千円札は、1965年に伊藤博文の千円札が発行されるまで15年に渡り使用されていました。

今日の誕生花&花言葉

セリ
●誕生花:セリ
●花言葉:清廉で高潔・貧しくても高潔

●誕生花:スノードロップ
●花言葉:希望・慰め

●誕生花:ベンジャミン
●花言葉:融通のきく仲間・信頼



昨日は何の日&誕生花

[今日は何の日&誕生花]1月6日

明日は何の日&誕生花

[今日は何の日&誕生花]1月8日

[今日は何の日&誕生花]一覧

https://a-value.co.jp/anniversary/nannohi_birthdayflower/

関連記事