法人企業様向けギフト「okurimono -おくりもの-」★豆知識

-知ってるようで知らないお取引先様への手土産マナー-

社会人として知っておきたいマナーのひとつとして手土産マナーがあります。

お取引様への訪問の際に手土産など持って行かれることもあるかと思いますが、意外と知られていない手土産マナーについてご存知でしょうか。

■手土産をお渡しする際のマナー

1.どこで手土産をお渡しすればいいのでしょう。

お取引様に訪問した際にはまず会議室や応接室でお渡ししてください。
会食の際などには帰りのタクシーまでお送りする場合や駅でお見送りする際にお渡しするのがベストです。

2.お渡しするタイミングはいつ?

手土産をお渡しするタイミングはまず双方のお名刺交換が済んだ後などに本題に入る前にお礼を述べてお渡しします。
ただし、会食の際などには会食が終わった後、お見送りをする際にお渡しするのをおすすめいたします。

3.お渡しする際の言葉は?

手土産をお渡しする際に添える言葉としてよく使われがちなのが

「つまらないものですが・・・」。

これは「つまらないもの」をお渡ししているわけではありませんので、最近ではあまり使われない言葉です。

できれば、

「心ばかりではございますが・・・」

「こちらはほんのご挨拶がわりに・・・」

といった言葉を添えてはいかがでしょうか。

実は手土産をお渡しするタイミングと言葉で、お相手の心がほんの少し穏やかになる効果もあります。ぜひお互いの信頼関係を築くためのチャンスと心がけてください。

4.どのようにお渡しすればいい?

手土産をお渡しする際には外袋から必ず出して下さい。

手土産を両手で持って、必ず正面を相手に向けてお渡しします。

5.どのような手土産が喜ばれますか?

ご訪問先の社員様全員に行きわたるような個包装で手軽に食べられる焼き菓子などがいいでしょう。
逆に切り分けが必要だったり、消費期限が短いものなどは避けましょう。

ご予算としてはあまり高すぎない3,000~5,000円程度のものをおすすめいたします。

また最近では女性社員の方にウケるようなトレンドをおさえるのもポイントアップに繋がるとされています。

いかがでしょうか。
ビジネスの場において手土産の渡し方の基本はあるものの、やはり「御社との関係をとても大切に思っています」の心を伝えることが一番大切です。

お取引様との関係をよりよいものにするためにも喜ばれる手土産選びとお渡しする際のマナーをしっかりと守りましょう。

■手土産人気アイテム

[OCEAN&TERRE]Premiumフルーツバウムセット
https://okuri-mono.com/products/detail/3358/

[まめや金澤萬久]まめやの贈り物3
https://okuri-mono.com/products/detail/3376/

★菓子・スイーツ一覧★
https://okuri-mono.com/category/food/sweets/

ギフト・贈答花・お歳暮/お中元・販促/ノベルティ
法人向けギフトサービス okurimono-おくりもの-
https://okuri-mono.com/