毎日が記念日 -11月15日は「七五三」-

男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って社寺に参詣します。
昔のならわしでは数え年で祝っていましたが、最近では満年齢でお祝いをする方が多くいらっしゃるようです。

私も娘の七五三には参詣の後に自宅近所の写真館で家族写真を撮ったりと忙しい一日を過ごしたのを思い出します。

七五三の日にはご両親や親戚、知人からお祝いをいただくこともありますよね。
ただし、七五三のお祝いには特別にお返しを贈る必要はないとされていますが、
どうしても、という方のための豆知識を少し。

七五三の内祝いは、お祝いをもらってから1~2週間以内に、できるだけ早く贈ります。
お子様のお祝いは何度祝っても良いこととされているから、紅白蝶結びののし紙をかけます。

またのし紙には、上段に「内祝」または「七五三内祝」と書き、下段に子供の名前を書きます。名字は書かなくても構いません。

ご予算としてはいただいた金額の3分の1~半額を目安にしてください。

okurimono-おくりもの-で人気の内祝いアイテムランキングは・・・

●[まめや金澤萬久]まめやの冬の贈り物3
https://okuri-mono.com/products/detail/10004/

●MAM WASHOKU SET/お茶漬け最中&お吸い物最中セット
https://okuri-mono.com/products/detail/3008/

●[OCEAN&TERRE]ポップコーン&フルーツバウムセットA
https://okuri-mono.com/products/detail/3363/

★内祝い・お返し一覧★
https://okuri-mono.com/scene/return-gift/

ギフト・贈答花・お歳暮/お中元・販促/ノベルティ
法人向けギフトサービス okurimono-おくりもの-
https://okuri-mono.com/