今日は「ご移転祝い」についてのレッスンです。

本社・事務所・店舗などのご移転のお知らせを受けた時、その会社様との良好な
ビジネス関係を築き続けるためにも移転祝いは完璧に贈りたいもの。

『ご予算』『時期』『品物』など、押さえておくべきポイントをわかりやすくご
説明いたします。

●ご予算について
ご移転のお祝いを品物などでお贈りする場合、ご予算は10,000円~50,000円が相
場となっています。あくまでも目安として知っておきましょう。

●時期について
一般的に「移転前日から移転後2週間」がベストとされていますが、贈答花など
の場合はやはりご移転当日にお届けする方が、贈り先企業さまのエントランスを
華やかにし、新たな門出を祝うに相応しいとされています。
また、ご移転後2週間を過ぎても「移転後2週間から1ヶ月」ならマナーの範囲内
となります。
ただし、移転後1ヶ月以上が経ってしまっている場合はすでにお祝い返しなどが
完了していることが多いため避けた方が良いです。

●品物について

贈る品物としては移転には物入りのため、必要な物を購入できることから「現金」
「カタログギフト・商品券」などが喜ばれます。


[祝儀袋] 花結び5本/赤白

また贈答花では「幸福が飛んで来る」こと、そして鉢植えが「根付く」ので縁起
がいいとされ胡蝶蘭が大変人気となっております。


胡蝶蘭一覧

最近では長く飾る事ができて空気清浄やリラックス効果もあるとして、観葉植物
も喜ばれる品物となります。


観葉植物一覧

逆にご移転祝いにタブーとされているものとして、火事や赤字を連想させるもの
は避けましょう。

いかがでしょうか。お取引様のご移転では企業様の更なる繁栄を願い、そして発
展的な関係性を築くためにもぜひマナーに沿って贈り物をお届けしましょう。

法人様向けの贈り物なら「okurimoo-おくりもの-」へご相談くださいませ。
https://okuri-mono.com/